MarkeZine(マーケジン)

記事種別

読売広告社と西友、店頭でAIカメラを使った視聴調査を実施 サイネージ広告の価値測定を精緻化

2020/12/25 07:00

 読売広告社は西友と共同で、西友店頭でのAIカメラによる店頭サイネージの視聴調査を実施した。

 今回の調査では、読売広告社子会社のショッパーインサイトが提供する「real store Viewer」サービスの一部機能を利用。AIカメラを使うことにより、店舗顧客の個人情報となる映像を外部に保存することなくカメラ側だけで店頭サイネージの前を実際に通過する来店者をカウント。時間あたりの広告への接触人数、接触時間を的確に調査を実現した。

 将来的には、店頭サイネージの接触者の性別、年代を調査することによって放映コンテンツや広告の出し分けを行い、より来店者に適した情報の放映につなげる予定だ。

【関連記事】
読売広告社、AIカメラ・ID-POS活用で「生活者の店頭購買行動」を可視化する新サービスを提供開始
読売広告社とフレイ・スリー、地域振興推進プログラムの提供開始〜動画での発信を簡単に
読売広告社、「酒場で育てる人工知能」の開発プロジェクトをAutomagiと開始
西友が日立とAIで需要予測し自動発注するシステムを導入開始 人手不足への対応と食品廃棄ロス削減を狙う
楽天と西友、ドローン商用配送サービスを提供 横須賀の猿島でBBQ用の生鮮品などを500円でデリバリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5