SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アイレップ、「CXチャットソリューション」を提供開始 カスタマーサポート事業のデジタル化を支援

 アイレップは、日本トータルテレマーケティングと共同で、クライアント企業の新しい顧客体験を創出する「CXスタジオ(カスタマーエクスペリエンススタジオ)」に「CXチャットソリューション」を追加し、提供を開始した。

 同サービスはチャットボットや有人チャットを軸とし、マーケティング・コミュニケーション全般に対応するものだ。チャットサービスをカスタマーサポートの施策のひとつではなく、デジタルマーケティングにおける見込み顧客の獲得やブランディングも含めた統合施策として活用することができる。

クリック/タップで拡大
CXチャットソリューションの対応領域 クリック/タップで拡大

 ユーザーが商品を購入する前段階のプロセスにチャットサービスを導入することで、ユーザーの属性・意見のデータ化や、サービスに対する疑問解決をサポートすることができる。これにより、CVRの改善やオペレーター業務の効率化、取得するデータをもとにした包括的な顧客分析・提供サービスの改善が期待できる。

【関連記事】
アイレップ、Google広告の運用からデータ基盤構築、分析までの統合を支援する組織立ち上げ
アイレップ、ECサイトの利益最大化を目指す分析サービス「DASH-UP EC」を提供
アイレップ、分析サービス「DASH-UP」を開始 分析基盤を設計・構築しマーケティングの高度化を実現
アイレップとエイスリー、キャスティング含めソーシャルコマースを統合的に支援するサービスを提供開始
アーツアンドクラフツとアイレップ、購買体験の質を高めるD2Cサービスを開始 戦略設計から製造まで支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/02/04 18:08 https://markezine.jp/article/detail/35437

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング