SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

MERYとPortAR. Instagramのエフェクトを活用したARエフェクト広告を提供開始

 MERYは、port W.と共同開発したオリジナルARエフェクトを広告メニューとして販売する。同広告商品によって、ユーザーはInstagram上でスマートフォンのカメラを使ってコスメのバーチャルタッチアップ体験が可能となる。

 第1弾としてロート製薬の「リップザカラー」が同広告商品を使ったプロモーションを展開している。なお、コスメに限らず幅広く展開できアパレル、インテリア、飲料といった商材でも利用が可能。

 ここでのARエフェクトとは、Instagramのストーリーズに加えることができる機能「エフェクト」のこと。ストーリーズを利用する際にエフェクトを選択すると、ストーリーズをカスタマイズすることがきる。

 詳しいARエフェクトの利用方法は次の通り。

  1. MERY公式Instagramの顔のアイコンからエフェクトを選択(画像内check!部分)
  2. 「ダウンロード」ボタンを押すと、ストーリーズに保存されているので、ストーリーズを撮る際にこのエフェクトを選択してから撮影する。

【関連記事】
MERY、ライブコマースの広告メニューを開始 約76万フォロワーにリーチし購買を促進
MERY、ユーザーから9名の「MERY it girl」を選出 モデルや公式YouTubeで活動
あざかわ、レトロ映え、シンデレラノート 女子のイマドキトレンドワード10選/電通ワカモン×MERY
Instagram、最大4名でライブ配信できる新機能「ライブルーム」を導入
トレンダーズ、Instagram分析ツール「Growseeds」を提供 企業のアカウント運用を支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング