SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

凸版印刷とVesCir、肌測定デバイスと専用アプリによるパーソナルスキンケアサービスの提供へ

 凸版印刷は、肌測定デバイス・関連システムの開発を行うVesCir(ベッサー) と共同で、専用デバイスのセンサーで取得した肌データを独自アルゴリズムで分析し、専用アプリ内で表示するサービス「SkinCatch(スキンキャッチ)」の提供を化粧品メーカーや化粧品通販会社などに向け、2021年4月より開始する。

 同サービスでは、ユーザーが登録した年齢・性別等の属性デバイスでスキャンした肌情報をもとに、水分・色素・皮脂・酸素の4つの項目ごとに肌の状態を点数表示し可視化することが可能できる。

 ユーザーが自身の肌状態を把握できるほか、同サービスの提供事業者(化粧品メーカー等)も管理画面からユーザーの肌情報を確認できる。これにより、一人ひとりの肌状態に合わせた有効な顧客コミュニケーションやマーケティングが可能となる。

 なおSkinCatchは、2021年4月14日(水)~2021年5月30日(日)の期間限定で「b8ta Pop-Up Store Fukuoka 2021」へ出展予定。実際に肌測定デバイスと専用アプリを使って肌診断を体験できる。

【関連記事】
b8ta Japan、凸版印刷が開発したバーチャルショッピングシステムの実証実験を開始
凸版印刷、ハッシュタグを使ったチラシ製作サービスを開発 イトーヨーカドー全店で実証実験を開始
凸版印刷、Salesforce用のDMアプリを提供 印刷から発送までの自動実行を支援
若年層の約4割がスキンケア用品を高価なものに変更 コロナで変化した美容意識【ネオマーケティング調査】
2020年、販売苦戦したランキング:化粧品の5カテゴリーが10位までにランクイン【インテージ調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/03/26 07:00 https://markezine.jp/article/detail/35910

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング