SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

第一生命、ミレニアル世代向け商品ブランド「デジホ」を提供 デジタルで完結・電子マネーでの受取も可

 第一生命保険は、2021~2023年中期経営計画「Re-connect2023」におけるCXデザイン戦略にもとづき、新たな商品ブランド「デジホ」をリリース。あわせて、第一スマート少額短期保険を開業した。

 「デジホ」では、ミレニアル世代やZ世代といわれる若年層が安心して一歩ふみだせるように応援することをコンセプトに設定。申し込みから給付金の受け取りまで、すべての手続きがスマートフォンで完結するほか、電子マネーでの給付金の受け取りなど利便性の向上も図る。

2021年4~6月、順次協業開始予定
2021年4~6月、順次協業開始予定

 商品の提供においては、フリーランスコミュニティ、人材紹介、婚活サポート、ヘルスケアサービスなど幅広いビジネスパートナーと協業する予定。ビジネスパートナーが導入しているサブスクリプションサービスの一環として保険を活用してもらうなど、新しい顧客体験を創出していく。

【関連記事】
オプト、SOMPOひまわり生命保険のLINEを活用した給付金請求受付サービス開発・導入を支援
損保ジャパン日本興亜とMomentum、「アドフラウド保険」を開発 広告代理店が被る損害を補償
建設マッチングアプリ「助太刀」がアプリ上で加入できる「一人親方労災保険」の取り扱いを開始
自動車保険業界のNPS、東京海上日動とセゾン自動車火災保険が首位【NTTコム オンライン調査】
イーデザイン損害保険、サイカの広告効果分析ツール「マゼラン」を導入 地域ごとの広告投資を最適化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング