SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

マイクロアドとSpotXが連携 消費・購買データを活用したインストリーム動画広告の提供へ

 マイクロアドは、同社が提供する広告配信プラットフォーム「UNIVERSE Ads」において、SpotX Japanが運営する動画配信プラットフォーム「SpotX」と連携し、インストリーム動画広告の提供を開始した。

 UNIVERSE Adsは、マーケティングデータプラットフォーム「UNIVERSE」の消費・購買データを活用し、業界・業種に応じたマーケティングを支援する広告配信プラットフォーム。独自のアルゴリズムによって入札金額の最適化を行う。

 一方のSpotXは、動画コンテンツ内で再生されるインストリーム動画広告の配信プラットフォーム。「Spotify」「DAZN Player」「ニコニコ動画」「OPENREC」などのOTT(※)と呼ばれるストリーミングサービスに特化した広告枠を提供している。

※動画や音楽などのコンテンツを様々なデバイスに対してインターネットを介しストリーミング配信するサービス

 UNIVERSE AdsとSpotXが連携することにより、マイクロアドではSpotXのOTT動画広告枠に対してUNIVERSEのデータを活用したインストリーム動画広告が配信可能に。SpotXのOTT広告が持つ広告効果と、マイクロアドの消費・購買データによるターゲティング配信の相乗効果で広告主の広告成果向上を目指す。

【関連記事】
SCSKとマイクロアドが資本業務提携 データ分析技術を活用し、オムニチャネル時代のDX支援を共同推進
マイクロアド子会社、Spacebackと提携 「ソーシャルディスプレイ広告」の提供を開始
マイクロアド、アプリ向け広告プラットフォーム「Jampp」の販売開始
PORTO、IASのPre-bidを拡充 インストリームでもブランドセーフティなどが可能に
オトナル、radikoやテレビ局のインストリーム動画などを横断したOTT広告配信を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/07/06 15:15 https://markezine.jp/article/detail/36723

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング