SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

デジタルサイネージ向けマーケティングソフトBeeSightがアップデート 人数カウントなどを強化

 顔認識システム開発を行っているエイコムは、同社が開発しているデジタルサイネージ向け顔認識マーケティングソフト「BeeSight」のアップデートを行った。

 具体的には、死活監視機能を追加した。Android STBやタブレットは扱いやすく比較的安価で手に入る。しかし運用する中で動作状態や顔の検出状況などの遠隔監視や、エラー発生時の復旧を行うことができなかった。

 そこで同社は、死活監視機能にBeeSight自身の状態監視とリブート(再起動)機能を搭載。リアルタイムでの状態監視や再起動が可能となった。エラーが起きた際は、登録したメールアドレスへ通知するが、今後SlackやChatworkといったチャットツールやLINEなどの外部ツールとの連携も予定している。

死活管理ダッシュボード

 加えて、人数カウント機能をアップデートしたことを発表した。今まで顔を検知できない場合は人数の判定が不可能であったが、今回強化された「ピープルカウンティング」では人体検知を組み合わせる。これにより顔非検知・半身・後ろ姿・上半身のみなどの状態や、シルエットのみ・遠方・ぼやけているなど劣悪な映像からでも推測してカウントすることが可能となった。

 さらにGPU(Graphics Processing Unit)を活用することで、渋谷の交差点を渡る数百人の歩行者を、リアルタイムに推測可能になるほどの処理を行うことが可能に。テーマパークの入り口や、大規模ショッピングモールでの人数カウントなどを行うことができるようになった。

【関連記事】
SMN、AI活用したデジタルサイネージ広告の実証実験を都内大型書店で実施
グローバルキャスト、ルクア大阪で混雑状況をデジタルサイネージなどで可視化するサービスの試験運用を開始
京王新線新宿駅初の広告用デジタルサイネージ設置、新宿駅をデジタル媒体で網羅可能に
ヤマダHD、アドインテと協業 ヤマダデンキの全店舗に棚前デジタルサイネージを設置、広告枠を販売
CA、デジタルサイネージの広告運用最適化機能を開発 店舗サイネージ配信「ミライネージ」へ提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/09/29 10:15 https://markezine.jp/article/detail/37383

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング