SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

電通ランウェイが「ウリアゲガンバ」で目指す、オンライン広告サービスの形

 多くの広告主にとって悩ましい、広告代理店をはじめとしたパートナー選び。その中で、メディア・コミュニケーションを軸に広告活動の全領域における統合ソリューションを提供する電通ランウェイは、ワンストップかつオンラインでスピーディーに売上アップに貢献する広告サービスWebサイト「ウリアゲガンバ」をリリースした。オンライン上で広告関連のコンテンツやコンサルティングサービスを提供する同サイトは、広告主とソリューションを提供する支援会社の関係をどのように変化させるのか。同社でウリアゲガンバのプロジェクトリーダーを務める岡本氏とサービス開発を担当する木部氏に話を聞いた。

メディア領域のプロが集まる電通ランウェイ

――御社は2021年4月に商号を「電通メディアランウェイ」から「電通ランウェイ」に変更されていますが、どういった背景があったのでしょうか。

岡本:電通メディアランウェイは、メディア領域における成長戦略をより加速させていくため設立したのですが、クライアントと向き合う中で、クリエイティブ、PR、イベントなど、メディア以外のご相談を受ける機会も増えてきました。そのため、メディア領域に強みを持ちつつも、領域を限定せずクライアントの本質課題を多面的に解決できる企業を目指し、商号を変更しました。

株式会社電通ランウェイ アカウント開発部 部長 ウリアゲガンバ プロジェクトリーダー兼チーフコンサルタント 岡本 智明氏
株式会社電通ランウェイ アカウント開発部 部長
ウリアゲガンバ プロジェクトリーダー兼チーフコンサルタント
岡本 智明氏

――他の広告代理店と、どのような違いがあるのでしょうか。

岡本:一人の営業がマルチタスクでスピード感のある対応を行っている点が大きな違いだと思います。多くの総合広告代理店ではクライアントに対し、営業、プランナー、クリエイティブなど専門スキルを持った人材が集まり対応しています。手厚い分、分業制ゆえに対応が遅くなってしまうことがあります。

 電通ランウェイでは、一気通貫して一人のコンサルタントが営業、プランナー、時にはクリエイティブ領域まで、マルチタスクスキルをもって対応します。これにより顧客ビジネスの理解をより深め、スピーディーに最適な提案ができる体制をとっています。ただ、クライアントのニーズに合わせて、体制は柔軟に変えております。

誰でも気軽に相談できる「ウリアゲガンバ」

――現在御社は企業のマーケティング・広告の課題を解決するサービス、ウリアゲガンバを提供していますが、どのような開発背景があったのでしょうか。

岡本:これまで総合広告代理店の多くが、知人経由で案件の紹介を受けるなど、属人的な営業努力で仕事が増えていくことが多かったと思います。ですが、それだけでは新規のクライアントとの接点が減っていくだろうという危機感を業界全体で持っており、弊社としても営業自体のDX化を推進すべきと考えておりました。

 そんな中、コロナ禍でその流れが加速したことから、気軽にお問い合わせできる環境を作りたいとウリアゲガンバをリリースしました。

次のページ
マス広告の情報収集は無料!ウリアゲガンバの詳細とは?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/12/09 10:00 https://markezine.jp/article/detail/37859

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング