SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

TikTokがEC業界のクリエイティブを分析、冒頭から6秒以内に商品要素を入れると視聴率下がる

 TikTok for Businessは、2021年10月1日〜2022年1月14日の日本でのTikTokにおけるEC業界の運用型広告を分析。結果をもとに動画広告の活用において、より効果を高めるポイントをまとめた「TikTok運用型広告クリエイティブTips 〜EC業界〜」を公開した。

視聴率が高いクリエイティブの特徴

 動画が継続的に視聴された広告を「視聴率が高い広告」と定義。そのパフォーマンスに効果的だったクリエイティブには、「動画内容の形式、音声」「登場人物」「内容表現」「動画の尺」について、次のような発見があった。

 動画内容の形式、音声に関する発見は、「画像だけより動画を入れる」ことだ。動画を含む形式のものは、画像だけのものに比べて、2秒視聴率が293.5%、6秒視聴率が379.8%高くなっている。

 登場人物に関する発見は「動画の冒頭から人物を登場させる」ことだ。冒頭から人物が登場する動画は、登場しない動画に比べて、2秒視聴率が160.2%以上、6秒視聴率が171.0%以上高くなっている。

 商品紹介に関する発見は、「動画の冒頭から6秒以内に、商品要素を入れない」ことだ。商品要素の登場が動画開始から6秒以降の動画は、冒頭から6秒までの間に商品要素が登場する動画に比べて、2秒視聴率が135.1%、6秒視聴率が169.8%高くなっている。

 表現方法に関する発見は、「広告ターゲットに呼びかける」ことだ。「◯◯なあなた」「◯◯になりたい人」のように、広告ターゲットに向けた呼びかけがある動画は、呼びかけがない動画に比べて、2秒視聴率が108.2%、6秒視聴率が165.3%高くなっている。

 動画の尺に関しては、「45秒以上の尺」が効果的であることがわかった。45秒以上の動画は、45秒未満の動画に比べて、2秒視聴率が122.9%、6秒視聴率が108.7%高くなっている。

CTRが高いクリエイティブの特徴

 CTRが高い広告において、CTRにプラスの影響を与えるクリエイティブには、「登場する商品」「内容表現」において、次の発見があった。

 動画での商品紹介で効果的な手法の一つは、「商品要素は、動画開始6秒から15秒の間に表示させる」ことだ。動画開始6秒から15秒の間に商品要素を表示させる動画は、6秒未満の動画、15秒以上の動画のどちらの動画と比べても、CTRが113.0%高くなっている。

 表現方法で効果的な手法の一つは、「限定要素を入れる」ことだ。「今なら◯◯円」「今だけ◯%OFF」のような限定要素がある動画は、限定要素がない動画に比べて、CTRが220%高くなっている。

【関連記事】
TikTokが金融業界のクリエイティブを分析 「質問あり」動画の6秒視聴率は「質問なし」の1.3倍
TikTok For Businessが「X世代白書」を発表 架け橋を模索する世代の心を動かすには
横型動画は「縦型に編集」でエンゲージメント率9倍に【TikTok For Business調査】
主婦ユーザーの4割超が「広告の情報を参考にすることがある」と回答【TikTok調査】
TikTok、広告代理店向けに「クリエイター活用アイデアブック」を公開 目的に沿うフォーマットを紹介

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/04/08 12:30 https://markezine.jp/article/detail/38753

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング