SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

popIn、広告審査状況を公表 審査基準引き上げで年間却下率が約2倍に、生活者からの申告数は60件超

 popInはネイティブ広告ネットワーク「popIn Discovery」における広告配信に関する審査の状況を公表した。

 同社は2021年5月25日より審査プロセスを強化。より信頼性の高い広告配信を目的として配信基準の引き上げを実施してきた。また、今回、生活者からの意見を反映するために設置した「申告フォーム」からの申告数も公表した。

 同社によると、広告入稿審査後の却下率は11%から21%と、1年間で約2倍となった。また「申告フォーム」の設置により、生活者が法令違反・差別的など不適切と思われる広告や、その他の意見を送信できるようになり、申告数は1年間で60件を超えた。

 同社は昨今の過度に生活者のコンプレックスを煽るなど、行き過ぎたWeb広告表現の存在を受け、広告配信基準の引き上げを実施。同時に各種代理店向けの勉強会の実施や、社内広告業務スタッフのYMAA認証マーク・薬事法管理者資格取得による審査項目の増加などを行い、広告品質の向上を目指してきた。

 同社は今後もコンテンツ型ネイティブアドに対応したプラットフォームとして、生活者が快適にコンテンツに接触できるシステムの構築を目指していく。

【関連記事】
popIn、広告審査プロセス強化にともない不適切な広告に関する「申告フォーム」を設置
popIn、広告審査プロセスを強化/誇大広告・差別的広告配信停止へ
ログリー、広告審査サポートツール「AD Checker」を提供 ページ上からシームレスに操作可能
GMOアドマーケティング、AI搭載広告審査システムを開発し「GMO SSP」に搭載
Momentum、アプリ内へのブランドセーフティな広告配信を実現するサービスの提供を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/05/31 15:18 https://markezine.jp/article/detail/39109

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング