SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Momentum、アプリ内へのブランドセーフティな広告配信を実現するサービスの提供を開始

 Momentumは、広告主のブランドや商品イメージを傷つける可能性のあるアプリへの広告配信を制御するため、広告配信非推奨リスト提供サービス「HYTRA DASHBOARD App Unsafe List」(以下、App Unsafe List)をリリースした。

アプリリストによるリスク対策イメージ

アプリリストによるリスク対策イメージ

 App Unsafe Listは、アプリ分析プロバイダーからデータの提供を受け、Momentumの基準でブランド毀損リスクのあるアプリをピックアップしリスト化したもの。同サービスに含まれるリストは下記のカテゴリー。

アダルト系:性的な謳い文句、出会い系の要素を含むもの
2ch/5chまとめ系:2ちゃんねるや5ちゃんねるなどの内容を含むもの(ビューワーアプリなど)
公営ギャンブル系:競馬、競輪、オートレース、ボートレースを含むもの(リアルマネーの関わる本物に限る)
パチスロ系:パチンコ・スロットを含むもの(リアルマネーが関わるか問わない)
著作権侵害系:著作物を第三者が転載しているもの(音楽、動画、漫画など)
センシティブ系:宗教や政治的な内容を含むもの
ブラウザアプリ:アプリストアで展開されているブラウザ(例:プライベートブラウザアプリなど)

海外アプリ:ダウンロード数は多いものの日本人向けに作成されていないもの
ハイパーカジュアルゲーム:短期的な広告収益を意図したユーザーが定着しにくいゲームアプリ

【関連記事】
Momentum、動画広告の安全・安心な広告配信に積極的な広告代理店事業者を認定するプログラムを新設
Momentum代表取締役社長に取締役の瀬戸亮氏が就任
Momentum、Webコンテンツをブランドセーフティ観点でスコアリングするサービスをローンチ
損保ジャパン日本興亜とMomentum、「アドフラウド保険」を開発 広告代理店が被る損害を補償
「AJA SSP」とMomentumのアドベリ対策ソリューション「HYTRA API」が連携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/05/10 17:00 https://markezine.jp/article/detail/38942

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング