SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Momentum、動画広告の安全・安心な広告配信に積極的な広告代理店事業者を認定するプログラムを新設

 Momentumは、同社ソリューションを活用しながら動画広告領域においてアドベリフィケーションへの取り組みを積極的に行う広告代理店事業者を認定するプログラム「ACP Safe Video Ads」を開始した。

 初回のプログラムパートナーとして、ADKマーケティング・ソリューションズ、Supership、アドウェイズ、株式デジタルの4社を認定。また、同プログラムの新設に伴い、これまでの認定プログラム「ACP」の名称を「ACP Safe Display Ads」に変更し、認定プログラムの規約を一部改訂した。

 同認定プログラム「ACP Safe Video Ads」は、アドベリフィケーションベンダーが提供するデータを正しく活用し、広告主に対して信頼性の高いデジタル広告配信サービスを実現しうる広告代理店を認定するもの。

 また、実際に、認定プログラム参画には、Momentumのサービスを活用するだけではなく、Momentumが主催する定期的な勉強会への参加が必須となる。参画する広告代理店は定期的に最新情報などをインプットし、業務に活かすことで、他の代理店にはないノウハウや実績を獲得することとなる。

 現在、アドベリフィケーションの手段が多様化しており、広告主にとって不十分なリスク対策でも、「リスク対策をしている」と言えてしまう状態になっている。広告主は本当に十分な対策をしている代理店の見分けをつけるのは難しい。この状況を受け、広告主にとって代理店を選定する時の一つの指標になることを目的に、本プロブラムが開始された。

【関連記事】
スマートニュースとDoubleVerifyが連携 広告の品質と安全性の検証を強化
一般社団法人デジタル広告品質認証機構、「JICDAQ認証」の公開を開始
Momentum、Webコンテンツをブランドセーフティ観点でスコアリングするサービスをローンチ
Momentum代表取締役社長に取締役の瀬戸亮氏が就任
モバイルアプリ向け動画広告のアドフラウド対策機能を強化 POKKTが「MediaGuard」を導入

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/12/10 17:00 https://markezine.jp/article/detail/37944

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング