SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

Google I/O 2022で発表された新機能で、ユーザー体験に大きく影響しそうなものをまとめてみた

 今回は、Google I/O 2022で発表された新機能の中から、とくにユーザー体験に関わる部分をピックアップしてお届け。解説するのは、デジタルプロダクション「factory4」でアプリやさまざまなIoTプロジェクトのUIUXデザインを手がける新谷友樹さんです。

 こんにちは!株式会社Cosmowayが組織するデジタルプロダクション「factory4」のUIUXデザイナー新谷です。

 今回は5月11日~12日にGoogle毎年恒例の開発者向けカンファレンス「Google I/O 22」が開催されました。そこで発表された、次期「Android OS」、「Google 3Dマップ」、「Google Wallet」、また進化した音声アシスタントや検索、セキュリティに関する多くの新機能の中から、とくにユーザー体験やUXデザインをするうえでポイントになりそうなものをまとめてみました。

 

今回注目した機能

  1. Google Mapの没入型3Dマップ「immersive View」
  2. Google Walletが復活しスマホのお財布になる
  3. マルチ検索に場所情報が考慮された「Multisearch near me」
  4. Googleアシスタントとの自然な会話と脱「OK, Google」
  5. AIによる文書やMeetの要約機能

注目機能1)Google Mapの没入型3Dマップ「immersive View」

 まずはGoogleマップの新機能として、「Immersive View」が追加されました。何十億ものストリートビュー画像と航空写真を融合させて3D空間を構築し、指先だけで東京やロンドンなど一部の都市などの目的地を自在に動き回ることができ、没入感のある地図体験が可能になります。

出典:Google Maps Twitter

出典:Google Maps Twitter

 たとえば、この機能では映像にあるように都市全体がシミュレートされます。ロンドンのウェストミンスター寺院を検索すると、上空から寺院の周辺を見回り、その中に入ったりすることもできます。これらはユーザーが投稿した写真など素材にもとづいて、アルゴリズムで自動生成するそうです。同時にアクセス手段や、混雑する時間帯などの情報も取得できます。この機能は年内にロサンゼルス、ロンドン、ニューヨークや東京などから順次展開されていく予定となっています。

メタバースの領域を別のアプローチで実現する!?

機能の本質からは少し外れますが、この「Immersive View」に関しては、この先の展開次第ではちょっとしたメタバースの領域に踏み込んでいくのではないかと感じました。3Dの空間を生み出すのに必要な詳細なデータやユーザー情報からストーリーやコンテンツにつなげることができれば、(Google Mapではユーザーが写真をアップし続けていますし)膨大な情報量とテクノロジーでGoogleは違ったアプローチでメタな世界を実現していくのではないかと思わされます。

注目機能2)「Google Wallet」が復活しスマホのお財布になる

 廃止されていた「Google Wallet」がAndroid向けの新たな決済サービスとして復活することになりました。

出典:Ask a Techspert: How do digital wallets work?

出典:Ask a Techspert: How do digital wallets work?

 スマートフォンなど、デバイスにGoogle Walletがインストールされていれば、Google Payと同じく、クレジットカードやデビットカードと紐付けて決済に利用することができます。また、交通系ICカードや航空券、国によってはワクチン接種証明書やテーマパーク、イベントのチケットとして活用することも可能で、さらに学生証や自動車のキーを保存することもできます。

ただのお財布にとどまらないUXやセキュリティの向上

 交通系カードをGoogle Walletに登録することで、Googleマップにて経路をチェックする際に残高が表示されたり、残高が少なくなったらカードに入金することができるなど、付随したサービスの向上が見込めます。

出典:Ask a Techspert: How do digital wallets work?

出典:Ask a Techspert: How do digital wallets work?

 たとえば、登録された車やホテルのキーとして利用できたり、免許証、コンサートのチケットなど幅広く利用できます。しかしこれらにはメーカーやサードパーティーの対応も必要となるため、機能は順次展開されていくはずです。

 セキュリティ面では、Androidのセキュリティ機能が提供されることによりデータは制御され、購入はすべて暗号化されます。紛失した場合には「端末を探す」機能により、遠隔操作でその場所を特定したり、端末をロックすることも可能です。

 Google Walletは日本を含む40ヵ国にて今夏にリリースされる予定となっており、免許証や身分証明書がスマートフォンの中に保存し活用できるようになれば、ポケットの中のデバイスひとつでとてもスマートな「お財布レス」な生活がより現実的なものとなっていきます。(国によって提供されるサービスは異なります)

この記事の続きは、「CreatorZine」に掲載しています。 こちらよりご覧ください。

※CreatorZineへの会員登録(無料)が必要になる場合があります。

  

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/06/22 08:00 https://markezine.jp/article/detail/39281

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング