SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通に聞く、仮説をスピーディーに構築するための効果的なデータ分析【参加無料】

 MarkeZineは、2022年9月7日(水)~9月8日(木)の2日間にわたり、「MarkeZine Day 2022 Autumn」をオンラインにて開催し、50を超える様々なセッションを催す。

 9月7日(水)の16時50分から行われるセッション『仮説をスピード高く構築するための効果的な分析アプローチ』では、ヴァリューズでコンサルタント組織を統括する松前薫氏が登壇。電通の福田博史氏と山本俊氏をゲストに招き、講演を行う。

【セッション詳細・申し込みは画像をクリック】
【セッション詳細・申し込みは画像をクリック】

 分析を行う上で、仮説の設定は欠かせない。より分析の解像度を上げるため、素早く仮説を立てるにはどのようなアプローチが効果的なのだろうか?

 本セッションでは、ヴァリューズでマーケティング支援に携わる松前氏が、電通のマーケティングプランナー2人をゲストに迎えて登壇。プランニングツール「Dockpit」を活用し、分析の解像度を上げる“人間らしいマーケティング”に至るためのアプローチ手法を解説していく。

【開催概要】
イベント名称:MarkeZine Day 2022 Autumn
登壇セッション:仮説をスピード高く構築するための効果的な分析アプローチ
日時:2022年9月7日(水)10:00~18:10
   2022年9月8日(木)10:00~18:10
会場:オンライン開催
参加費:無料(事前登録制)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/08/22 12:30 https://markezine.jp/article/detail/39754

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング