SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ネット広告の総合ブランド「マイクロソフト デジタル アドバタイジング ソリューションズ」始動

 マイクロソフトは、12月7日、新しいネット広告事業のブランド「マイクロソフト デジタル アドバタイジング ソリューションズ」を立ち上げ、広告配信事業を開始することを発表した。

 今回、日本国内での展開が発表された「マイクロソフト デジタル アドバタイジング ソリューションズ」は、媒体としてMSN、Windows Live、Office Onlineを擁する巨大なネット広告ソリューション。MSNはブラウザベースで月間4,400万人が利用し、サイト全体のPVは月間25億1550万PV(数字は同社調べ)。将来的にはXbox、Windows Mobileユーザーなどへの広告宣伝活動も視野に入れている。

 すでに、「Google AdWords」「Google AdSense」を展開して成功をおさめているグーグルとは異なり、同社のメディアは、規模もさることながら、マス、ビジネスユーザー、ゲームユーザーなど、ターゲットに合わせたメディア選択が可能な点が強み。この新ブランドでの広告配信は、2007年1月から開始する予定だ。

プレスリリース:「オンライン広告ソリューションブランド「マイクロソフト デジタル アドバタイジング ソリューションズ」を日本で本格始動 」

参考サイト:「マイクロソフト、国内で“新ネット広告事業”に本格参入--グーグル追撃へ」(CNET Japan)

「マイクロソフト デジタル アドバタイジング ソリューションズ」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/23 23:14 https://markezine.jp/article/detail/434

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング