SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ブランドと顧客の情報、守れていますか?ECサイトに潜むサイバー攻撃の危険性[開催まであと8日]

 翔泳社が運営する「ECzine」は、2023年12月7日(木)に「ECzine Day 2023 Winter」を開催する。当日はOMOやAI活用、サプライチェーン構築といった幅広いトピックスのセッションを無料配信。その中で、14:30~15:00に配信するセッションのテーマは「ブランド価値を守るセキュリティ対策」だ。

ブランド価値を守る、ECサイトに潜むサイバー攻撃の危険性とCloudflareアプリケーションセキュリティ対策

 売上成長により、自社のさらなる事業拡大を狙っている読者も多いだろう。しかし、ブランドの信頼性に関わる「セキュリティ対策」に目が向けられているだろうか。特に、顧客情報をはじめ、様々な情報を扱うEC事業者にとって、サイバー攻撃の危険性の理解と対策は欠かせない。

 情報漏洩対策や不正なトラフィックの制御など、ブランドを守ることは顧客を守ることでもある。順調に事業が成長していても、セキュリティ関連のトラブルが発生すると顧客は離れていく。本セッションを通じて、自社のセキュリティ体制を見直してみてほしい。

 事前申込締切は12月6日(水)13時。1セッションからでも申し込めるほか、事前申込期間中は視聴セッションの追加・変更も可能だ。人気のセッションは定員に達し次第、申し込みを締め切る場合もある。気になるセッションは、ぜひ早めに申し込むことをおすすめする。

 現時点で公開されているセッション情報は、次のとおり。詳細は「ECzine Day 2023 Winter」イベントサイトの「タイムテーブル」から見ることができる。

ECzine Day 2023 Winter セッションのご紹介

A-1

A-2

A-3

A-4

A-6

A-8

B-1

B-2

B-4

B-5

B-6

B-7

B-8

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/11/29 17:30 https://markezine.jp/article/detail/44257

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング