SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

JWordがサイバーエリアリサーチの位置情報データを活用した
エリアターゲティング広告サービスを開始

 15日、Jwordは「ご当地ワード」というサービスをスタートさせた。「ご当地ワード」は、県単位でエリアを指定して検索ワードを購入する広告商材。IPアドレス判定には、サイバーエリアリサーチの「SURFPOINT(TM)」を採用している。

 「ご当地ワード」は、@nifty、Infoseek、livedoorなど複数の検索ポータルサイトなどと幅広く提携して掲出している検索連動型広告であるとともに、広告表示エリアを都道府県レベルまで絞り込むことができるので、狙った商圏内で、ニーズのある見込み客に効率的に自社サイトをアピールが可能となる。また、掲出エリア向けにカスタマイズしたキーワードの説明文も付加することができる。

【関連リンク】
Jword
サイバーエリアリサーチ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/07/15 16:47 https://markezine.jp/article/detail/4571

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング