SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Web広告の新潮流は「LTV運用」 CPAを指標に用いた効果計測とは何が違う?具体的な進め方も解説

 MarkeZineは、2024年6月11日(火)に「MarkeZine Day 2024 Kansai」をブリーゼプラザ・小ホール(大阪・梅田)で開催します。

 16:05~16:35に行うセッション「広告運用の最前線 CPAではなくLTVを最大化する広告運用とは?」には、Shirofuneの代表取締役を務める菊池満長氏が登壇します。

【セッション詳細・申し込みは画像をクリック】
【セッション詳細・申し込みは画像をクリック】

 デジタル広告の黎明期、コンバージョンの取得技術によって「流入数」ではなく「CV数」の最大化を目指す流れが主流となりました。その後「ROAS」の最大化が可能となり、2024年現在はCPAや単発ROASではなく「LTV」で広告効果を可視化し、配信を最適化する「LTV運用」が新潮流になっています。

 本セッションでは、CPA運用の課題やLTV運用との違いをクリアにし、LTV運用の具体的な進め方を最新事例とともに解説します。広告の運用担当者は必見です。

【開催概要】
イベント名称:MarkeZine Day 2024 Kansai
日時:2024年6月11日(火)10:00~17:30(9:30受付開始)
会場:ブリーゼプラザ・小ホール
 四つ橋線西梅田駅 徒歩3分
 JR大阪駅(桜橋口) 徒歩6分
 JR東西線北新地駅 徒歩5分
 御堂筋線梅田駅 徒歩7分
 阪神大阪梅田駅(西改札) 徒歩5分
 阪急大阪梅田駅 徒歩12分
参加費:無料(事前登録制)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/05/30 12:15 https://markezine.jp/article/detail/45819

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング