SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

オムニチュア、業種ごとに最適化されたウェブ解析コンサルパッケージを提供

 ウェブ解析ツール「SiteCatalyst」を提供するオムニチュアは、ビジネス課題解決、技術支援および、業種別ノウハウを凝縮したコンサルティングパッケージ「Omniture Fusion」を提供すると発表した。「Omniture Fusion」は、オムニチュアが4000社以上の顧客に提供してきたコンサルティングノウハウをベースに設計された、ウェブ解析導入時の基本初期サービス。各業種に即したビジネス課題の把握や評価指標の設定、技術支援などがパッケージ化されている。パッケージには、業種/サイトタイプ別のビジネス課題とKPI、導入活用の手引書となるプレイブック、技術支援が含まれる。

 「Omniture Fusion」の提供にあたって、ジャパンカントリーマネージャーの尾辻マーカス氏は「これまでの経験から、業種ごとにウェブ解析で見るべき『指標』が異なることがわかりました。例えば、メディアであればPV、小売であれば売上となります。お客さまが望んでいるのは、蓄積されたデータにもとづいてオンラインビジネスをどう最適化したらよいのかということです。『Omniture Fusion』を利用することで、業種別にどのKPIを見るべきかがわかり、ウェブ解析データをビジネスに生かすことが可能となります」と語った。

「業種別に見るべきデータの指標は異なる」と語る尾辻マーカス氏
「業種別に見るべきデータの指標は異なる」と語る尾辻マーカス氏
多くのリーディングカンパニーがオムニチュアを採用している

 続いて、コンサルタントの大山氏からサービスの概要と活用事例が語られた。大山氏は「多くのマーケターはウェブ解析を活用して、多くのデータを取りすぎてしまいます。そして、データを取りすぎたことでどのようなアクションを起こしてよいのかが、わからなくなってしまう傾向にあります」と指摘し、業種ごとに正しいKPIを見ることの必要性を主張。また、「Omniture Fusion」のメリットとしては「ツール導入初期に合せて『Omniture Fusion』を実施すれば、短期間で効果をあげることが可能となります」と強調した。

「Omniture Fusion」について語る大山氏
「Omniture Fusion」について語る大山氏

 「Omniture Fusion」は、小売、メディア、ハイテク、旅行、金融、自動車といった6業種に特化してサービスをスタート。現段階で、既に導入済みの企業もある。価格帯は各企業ごとに異なり将来的には、この6業種以外にもサービスを拡充していく予定だ。

【関連記事】
フルスピードとオムニチュア、「オンラインビジネス最適化」サービスで販売提携
オムニチュア、5月に「Omniture Summit」を日本初開催
MarkeZine Day 2008のオムニチュア講演情報

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/08/21 13:17 https://markezine.jp/article/detail/5090

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング