SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

MIAUが「Google ストリートビュー“問題”を考える」シンポジウムを27日に開催

 8月5日に日本版がリリースされたGoogleマップの新機能「Googleストリートビュー」は、かなり細かい路地の様子までそのまま写真で切り出して誰でも見ることができるため、プライバシー侵害ではないかという批判の声も上がっている。

 この問題に対してMIAU(インターネット先進ユーザーの会)は、識者によるパネルディスカッション形式のシンポジウムを8月27日に開催する。MIAUでは、ストリートビューは「是か非かという単純な問いでは収まらない問題」と認識し、これを「議論していく上で前提となる共通理解を築いていくことを目的」としてシンポジウムを開催する。

 パネルディスカッションの登壇者は、主婦連合会常任委員の河村真紀子氏、Winny事件の弁護などで知られる弁護士の壇俊光氏、メディア法を専門とする専修大学の山田健太准教授ほか調整中とのこと。会場は杉並区産業商工会館(杉並区阿佐谷南3-2-19)で、8月27日午後6時半から2時間、参加費は1000円(学生は学生証の提示により無料)を予定している。

詳細は→MIAU : 公開シンポジウム「Google ストリートビュー"問題"を考える」開催のお知らせ

【関連記事】
Googleマップの「ストリートビュー」で東京散歩
Googleさん、携帯でもこの機能をお願いします! 「Googleマップ」で詳細なビル名・店名表示が可能に
サイトリニューアルで明暗、好感度1位のGoogleは総合2位に浮上【日経Webブランド調査】
アイレップ、ユニバーサル検索向けSEOが可能な「Googleマップ登録サービス」開始

 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/08/25 10:10 https://markezine.jp/article/detail/5126

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング