MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ジャパンホッパー、外国人旅行者の集客に特化した検索連動広告を展開

2008/10/07 14:00

 日本政府観光局(JNTO)は、2010年に訪日外国人旅行者数を1,000万人とする目標に向けて、日本の魅力を海外に発信する「ビジット・ジャパン・キャンペーン」を官民一体で推進している。

 ガイドブックや一般的なウェブサイトではカバーしきれない情報を提供する「japan-hopper.com」は、クチコミ情報検索機能とホテル検索機能の検索結果に関連した広告を表示する「検索連動広告」の販売を開始する。広告掲載料は1か月7,350円(長期掲載割引適用)からとなっており、訪日旅行者の受け入れに積極的な宿泊業者・旅行業者による活用を想定している。

【関連記事】
北海道の技術力から生まれた「Viewサーチ北海道」、風景写真による新しい観光ナビゲーションを実現
次世代観光ガイドサービス「次ドコ」実証実験、JTBとドコモが2008年に実施
世界初の試み「Google Earth内にニュージーランド政府観光局のオフィシャルレイヤー登録」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5