SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ポケットソリューション、auユーザーの不正入会監視サービスの提供開始

 モバイルサイトへの集客手段としてアフィリエイトネットワークなどを利用している場合、ポイント換金サイトなどを利用しているユーザーが、不正に報酬を受けるためにau端末のEZ番号(サブスクライバID)を変更して同一サイトへ何度も登録を行っているケースが多発。ポケットソリューションの調査によると、こうした被害は特に公式コンテンツに多く見られ、被害の大きなサイトでは月内の登録数の半数以上が不正入会によるものであったという。

 今回提供を開始する「PocketCheckerPlus」は、au公式コンテンツやモバイルメディアサイト向けに、auユーザーのEZ番号変更による不正入会を監視して防止するサービス。広告出稿URLをPocketCheckerPlusの提供するURLに差し替えるだけで、全au端末の不正入会監視を行うことが可能となる。不正ユーザーの判別は、全au端末を対象に同社独自のノウハウに基づいて判断が行われ、不正ユーザーと判別された端末は、当該サイトへの会員登録やサービスなど、サイトの利用は一切行えなくなる。

 PocketCheckerPlusの1サイトあたりの提供料金は、初期導入費50,000円、月次利用料30,000円で、月間チェック数が500,000PVを超えると、100,000PVごとの超過料金は10,000円となる。

【関連記事】
日本レコード協会、不正なコンテンツ配信サイトを見分ける目印「エルマーク」の運用を開始
セカンドライフでも金融不安? 不正な仮想銀行の活動を禁止
有害サイトフィルタリングに対応した携帯サイト監視サービス「モバイルガーディアン」 
楽天とガイアックス、「前略プロフィール」のサイト監視強化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/10/15 12:46 https://markezine.jp/article/detail/5683

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング