MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ライトタイムマーケティングをはじめる前に知っておきたいこと

2008/11/10 12:00

 消費者の行動を分析し、最適なタイミングに最適なチャネルで最適なメッセージを送る。次世代の効果的なマーケティング手法として注目される「Right-Time Marketing(ライトタイムマーケティング)」はいま、実用段階に入ったところだ。そこで、ライトタイムマーケティングを活用するための基本的なプロセスとノウハウ、失敗しないために心がけるべきことなどを、Daarfアナリスト・白井氏とISIDの草野氏にうかがった。【特集ライトタイムマーケティングページを公開中!】

事前に具体的な手法を整理しておこう

 第1回目では、ライトタイムマーケティングが「ライトタイムにライトメッセージをライトチャネルで送る」ことでより高い効果を狙うマーケティング手法であることを、そして第2回目ではライトライムマーケティグのためのITソリューションである「Affinium(アフィニアム)」について学んできた。今回は、いよいよ実践編である。

 ライトタイムマーケティングは、最適なメッセージを最適な顧客に送るこれまでのマーケティング手法に、最適なチャネルと最適なタイミングというパラメータを加えていく手法。パラメータが増える分、留意すべき点も増えるので、具体的にどのように実践をしていくか、手順を整理しておこう。

 ライトタイムマーケティングは、

  • STEP1)現状を分析し、目標を設定する
  • STEP2)現状と目標のギャップを埋める改善提案
  • STEP3)実践

 というPDCAサイクルを回して、より高い効果を得ていく。この基本はデータマイニングの考え方と全く一緒だ。STEP1とSTEP2をライトタイムという視点で行うのが、ライトタイムマーケティングである。ここで一つ注意しておきたいことがある。「ライトタイム」の解釈だ。

 「タイムと聞くと、“このターゲットに対しては夜にメールを送信するのが効果的”、“こちらのターゲットには週末が最適”といった具合に時間帯を想像しがちです。でも、ライトタイムマーケティングでは、時間帯を条件にするのではなく、”ある行動のあと”といった条件を設定することで高い効果がでます」(ISID/草野氏、右写真)。

 タイムと聞くと誤解しがちだが、ライトタイムマーケティングで考慮するのは、“特別な収入があった後”や“このサイトをこのような履歴で閲覧した後”、“この製品を購入した直後”といったタイミング要素。ライトタイムは、”最適なタイミング”と捉えた方がいいだろう。これをふまえた上で、具体的な実践法を見ていこう。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5