MarkeZine(マーケジン)

記事種別

「Goolgeマイマップ」で個人情報流出の恐れ、公開設定にご用心

2008/11/06 11:42

 GoogleマイマップはGoogleマップの機能の1つで、ユーザーがカスタマイズした地図を作成でき、個人での利用はもちろん、他の人々と情報を共有できるサービス。ユーザーはマイマップを作成する際に、情報公開の範囲設定を「一般公開」か「限定公開」から選ぶことができる。

 カスタマイズした情報をインターネット上で共有することが目的のサービスのため、Googleでは初期設定を「一般公開」としている。「一般公開」と設定すると、全世界のインターネットユーザーとその情報を共有することになり、検索エンジンでの検索対象となる。そのため、個人利用を目的として作成したマイマップの場合は、必ず設定を「限定公開」にしなければならない。

 マイマップの設定を変更するには、画面左列中段にある[編集]ボタンを押し、表示された編集画面の“プライバシー設定”枠にある「限定公開」にチェックを入れ、[完了]ボタンをクリックする。

画面左列中段にある[編集]ボタンをクリック
画面左列中段にある[編集]ボタンをクリック
「限定公開」にチェックを入れ、[完了]ボタンをクリック
「限定公開」にチェックを入れ、[完了]ボタンをクリック

 Goolgeでは、これまで公開設定の文言を「公開」「非公開」としていたが、ユーザーから「非公開」だと意図が分かりづらいという指摘があったため、「限定公開」と文言を変更するなどの対処を行っている。また、既にマイマップを利用しているユーザーには、再度自身の公開設定状況を確認し、もし公開したくない情報を誤って公開している場合は、「限定公開」とするか、情報ごと削除することを推奨している。

 なお、不適切なマイマップを見つけた場合には、違反報告用のフォームが用意されており、削除のリクエストを申請することができる。

【関連記事】
Googleは「検索以外」でも強かった、前々年比で「Googleマップ」利用者数は171%増、「Gmail」 は358%増
カカクコム、「マンションDB」でGoogleマップのストリートビューに対応
Googleマップの「ストリートビュー」で東京散歩

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5