SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

D2C、複数のiモードサイトで同じアバターを利用できる「iアバター」を展開

 「iアバター」は、さまざまなカテゴリから好みのアイテムを選んでアバターを作成・利用できる無料サービス。100 以上のレイヤー(層)を持つ「iアバター」は、従来のアバターサービスよりも自由度が高く、ユーザーがより細かく自分好みのアバターを作成することができる。「iMenu」上に開設される「アバター」コーナーには広告枠を設け、D2C が販売する。

アバターは待受画面に設定したり
デコメールの素材として利用することができる。

 「i アバター」のもうひとつの特徴は、特定のサイト(SNS など)だけではなく、D2Cと提携した情報提供企業(IP:Information Provider)が運営するサイト上でも、アバターを利用できるところ。ユーザーは、アバターを利用したいIPのサイトで会員登録などをすると、そのサイトでも同じアバターを利用することができるようになる。

 「i アバター」の提供は、NTTドコモの11月以降の新モデル発売開始と同時にスタートする。

【関連記事】
DeNA、アバター関連売上低調で業績予想を下方修正
アドウェイズ、「アバター付き音声広告バナー」販売
DeNA、モバゲー広告枠でD2Cとcciと包括的代理店契約

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/11/10 12:20 https://markezine.jp/article/detail/5850

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング