MarkeZine(マーケジン)

記事種別

D2C、複数のiモードサイトで同じアバターを利用できる「iアバター」を展開

2008/11/10 12:20

 「iアバター」は、さまざまなカテゴリから好みのアイテムを選んでアバターを作成・利用できる無料サービス。100 以上のレイヤー(層)を持つ「iアバター」は、従来のアバターサービスよりも自由度が高く、ユーザーがより細かく自分好みのアバターを作成することができる。「iMenu」上に開設される「アバター」コーナーには広告枠を設け、D2C が販売する。

アバターは待受画面に設定したり
デコメールの素材として利用することができる。

 「i アバター」のもうひとつの特徴は、特定のサイト(SNS など)だけではなく、D2Cと提携した情報提供企業(IP:Information Provider)が運営するサイト上でも、アバターを利用できるところ。ユーザーは、アバターを利用したいIPのサイトで会員登録などをすると、そのサイトでも同じアバターを利用することができるようになる。

 「i アバター」の提供は、NTTドコモの11月以降の新モデル発売開始と同時にスタートする。

【関連記事】
DeNA、アバター関連売上低調で業績予想を下方修正
アドウェイズ、「アバター付き音声広告バナー」販売
DeNA、モバゲー広告枠でD2Cとcciと包括的代理店契約

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5