SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第80号(2022年8月号)
特集「ターゲティングが嫌われる時代のシン・ターゲティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

D2C、「iエリア」の検索連動型広告の販売開始

 「iエリア」は、ユーザーがいる地域の天気予報や交通情報、店舗情報など、11の周辺エリア情報を配信する情報サービス。今回、「iエリア」のトップページに、ユーザーがいる地域の情報を検索できる検索窓が設置されたことにともない、その検索結果ページにおける検索連動型広告を販売する。

iエリアトップページ(左から2番目)に検索窓が新設された

 「iエリア」の検索連動型広告の料金は、クリック課金制。「iエリア」内に設置されているジャンルごとに検索ワードを分類し、広告主が指定したジャンルのワードがユーザーに検索された場合に優先的に広告表示する。地域は、iエリア設定地域単位ごとに設定することが可能となっている。

 D2Cは今後、地域に密着した店舗などを運営する企業や、地域に関連した情報配信サービスを提供している企業などを中心として、「iエリア」検索連動型広告の販売を展開する。

【関連記事】
D2C、複数のiモードサイトで同じアバターを利用できる「iアバター」を展開
DeNA、モバゲー広告枠でD2Cとcciと包括的代理店契約
JWordがサイバーエリアリサーチの位置情報データを活用した エリアターゲティング広告サービスを開始
アクセスユーザーの位置特定が市町村まで可能 IPアドレスデータベース「SURFPOINTTM v2.0」が販売開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/12/02 12:30 https://markezine.jp/article/detail/6011

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング