SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ロフトワーク、新潟の名産品をデザインして商品化するプロジェクトを展開

 「Roooots ~越後妻有の名産品リデザインプロジェクト」は、越後妻有の名産品17品目(米、日本酒、お菓子、ふろしきなど)のデザインを、ロフトワークが運営するクリエイターポータル「loftwork.com」で公募し、選ばれたデザインで商品化するというもの。越後妻有では、北川フラム氏が新潟県の地域活性化事業「越後妻有アートネックレス整備事業」の総合プロデューサーとして10年以上前から「大地の芸術祭」開催をはじめアートの力による地域活性に取り組んでいる。

 応募資格は、loftwork.com 登録クリエイターであること。応募期間は2月18日から3月12日までで、作品は随時公開される。また、作品の応募時に「クリエイティブ・コモンズ」のライセンスの付与をうながすことで、作品の流通をスムーズにするという試みも行う。審査には、北川フラム、佐藤卓、秋田寛の各氏が参加し、審査結果は4月上旬に発表され、商品の販売は7月上旬からスタートする。

【関連記事】
ロフトワークが「クリエイティブのお仕事情報」リニューアル、1万人のクリエイターに向けて情報を無料掲載
アイレップとロフトワーク、SEO対策済みのCMSサイトを構築するソリューションを共同展開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/02/18 13:40 https://markezine.jp/article/detail/6589

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング