SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「Safari 4」はJavaScript実行速度を4倍以上高速化、ウェブ開発者向けデバッグツールも内蔵

 Mac OS XとWindows用ともにパブリックベータとして公開された「Safari 4」は、新しいNitroエンジンによりってJavaScriptの実行速度の大幅改善を実現した。アップルによると、JavaScriptの実行速度は、Safariの前バージョンに比べて4.2倍速くなり、IE7より最大30倍速く、Firefox 3よりも3倍以上速く実行することができる。

 Safari 4では、HTML 5のサポートによって、ウェブベースのアプリケーションはオフラインでも情報をローカルに保存することができるほか、リフレクション、グラディエント、プレシジョンマスクを使ったウェブグラフィックスを可能にするCSS効果もサポートしている。

 そのほか、頻繁に訪れるページを美しいプレビューで表示し、ワンクリックで好きなサイトにジャンプすることができる「Top Sites」や、訪問したウェブサイトの履歴やブックマークの検索がiTunesでアルバムアートをめくるように使える「Cover Flow」などのユーザー向けの機能に加えて、ウェブ開発者向けに、ウェブサイトをデバッグ、微調整、最適化して最高のパフォーマンスと互換性を実現するためのツールも内蔵されている。

【関連記事】
Operaと任天堂が共同開発した「ニンテンドーDSiブラウザー」
Googleの新ブラウザ「Chrome」を使ってみよう
検索結果ページはもういらない、検索をシンプルにする百度のIE8対応検索プラグイン
IE8のプライバシー保護機能がオンライン広告業界に与える影響とは?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/02/25 13:25 https://markezine.jp/article/detail/6693

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング