SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

1月の外食産業、ファーストフードが売上を牽引、4か月連続で前年を上回る

 1月の外食市場全体は、全店ベースによる全業態トータルで前年比100.4%と前年並みの売上を維持。昨年9月の前年割れ以降、4か月間連続で前年を上回っている。しかし、客数は98.7%と前年割れしており、客単価が101.8%と伸びた分が補うかたちとなっている。

 業態別では、外食の中でも客単価が比較的低いファーストフード業態が全体の数字を牽引し、1月度の売上げも105.6%と好調。洋風チェーンの新商品の投入、和風チェーンでのクーポンによる販促効果がバランスの良い伸びを示している。

既存店時系列データ 売上高前年同月比

 また、ファミリーレストラン業態全体の売上は94.5%と前年を下回り、前年を上回ったのは焼肉チェーンのみ。中華チェーンでは売上前年同月比が86.9%大幅割れとなっている。

【関連記事】
マクドナルド、全店売上高5000億円を達成した平成20年度の純利益は対前年比58.5%増
携帯クーポン使ったことがあるのは「ファーストフード」が約8割、マクドナルドに高評価
コーヒーをよく飲む店1位は、男性「マクドナルド」、女性「スターバックス」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング