SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ポイントとの交換は「現金」から「モノ・サービス」へ、ポイントサービス経費の売上に占める比率は2%が7割

 ポイント交換として実施しているサービスは、「現金・金券と交換」が85%と圧倒的に多く、評価も94%が「効果がある」としている。その一方で、「自社企画の景品類(モノ)と交換」を45%が実施し、75%が「効果がある」としており、特に「自社企画のモノ以外のサービスと交換」は、実施例は19%と少ないものの、「非常に効果がある」が27%と突出している。 

ポイント交換について
左:実施しているサービス、右:その効果評価

  ポイント交換サービスの今後の実施意向としては、「現金・金券類との交換」が69%(実施は85%)と現在の実施率より減少している一方、「自社企画の景品類(モノ)との交換」が50%(実施は45%)、「自主企画のモノ以外のサービスと交換」が43%(実施は19%)と増加傾向にあり、金銭以外の新しいインセンティブの導入に対する意向・期待が高いことがうかがえる。

 ポイントサービス経費の売上に占める比率は、全体の70%が2%未満。業種別で見ると、「旅行・交通」では1%未満が77%なのに対し、「小売」では47%と大きな開きがある。  

ポイントサービス経費が売上に占める比率

 また、ポイントサービスの開始時期と経費率1%未満との関係を見ると、「10年以上」が67%、「3年以上10年未満」が68%、「3年未満」が74%と、ポイントサービスを始めた時期が古い企業ほど、経費率が高い傾向にあることがわかった。

【関連記事】
節約・倹約につながるもの1位は「ポイントサービス」
英国ネットユーザーに人気の“節約のエキスパート
エコポイント制度で一番お得なのは「地デジ対応テレビ」、エアコン・冷蔵庫は価格差がネックに

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/06/02 13:31 https://markezine.jp/article/detail/7449

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング