SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

男性と会うとき「メイクを変える」10代では43%、50代では4.5%に激減

 ドクターシーラボは、10代から50代の男女それぞれ250名に「女性のメイク」に関するアンケート調査を実施した。女性と会うときと男性と会うときで「メイクを変える」と答えた女性の割合は、10代では42.9%なのに対して、50代では4.5%と年代が高くなるほどその割合が低下。逆にメイクで一番力を入れる箇所については、「シミくすみ隠し」が10代では7.1%なのに対して、50代では65.9%と約9倍になっている。

年代とともに変わるメイクの最重要ポイント

 10代女性がメイクで最も力を入れているのは「目ヂカラ」で、「毛穴隠し」がそれに続いている。男性が女性の顔の中でよく見るパーツの1位は「目」(69.2%)であり、「肌」(17.2%)に大きな差をつけていることからも、10代女性のねらいは正しいといえるだろう。お姉さん世代の20代では、10代で21.4%だった「毛穴隠し」が38.6%になるなど、「目ヂカラ」と目立ちはじめた「毛穴」への対策が2大ポイントとなる。これが30代になると「シミくすみ隠し」の割合が毛穴対策を上回り、40代でついに「シミくすみ隠し」がメイクの最重要課題となる。

メイクで一番力を入れる場所は?

 また、「メイクをしたら美しさで負ける気がする男性芸能人」のランキングでは、水嶋ヒロ、小池徹平など、肌がキレイで印象的な目元の男性が上位にランクインしており、女性たちはますます油断できない時代となりつつあるようだ。

【関連記事】
デカ目・小顔・美肌…デジカメ、アバターまでもが整形で「カワイイ」を追求
モテて困ったこと「ストーキング」、モテるために隠しているのは「ニコ厨であること」
「クックパッド」は既婚女性の半数がリピート
恋してる人が多いのは「アメブロ」、iPhone好きは「はてな」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/07/01 10:30 https://markezine.jp/article/detail/7694

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング