MarkeZine(マーケジン)

記事種別

スモールビジネスが上手に使いたいビデオ系ウェブサービス

2009/07/28 10:00

チャットやストリーミングだけではない、ちょいとひねったビデオ系ウェブサービス。うまくビジネスに取り込めば時間とコストも節約できそうな、スモールビジネスの強い味方を覗いてみたよ。

キャプチャしたらTwitterで手っ取り早く流したい

 動画を使ってネットでなにがしかのコンテンツを配信したり、人とコミュニケートしたりするウェブサービスがとても有り難いと思う今日この頃。(ここでいう「動画」にはビデオとライブストリーミングのいずれをも意味します)

 とりわけ、ボクらのようなひとりもしくは少人数で仕事に関わる者(スモールビジネス)にとって、離れた場所にいるビジネスパートナー(や時にはクライアント)とリアルタイムにミーティングできる、例えばSkypeのようなビデオチャットツールは何かと重宝する。

 でも、今日はそういったミーティングものとはちょっと違うビデオ系サービスを覗いてみたい。と、その前に、一応ライブストリーミング系をおさえておきますか。

 一般に、ライブビデオのストリーミングサービスといえば、ライブ映像を流しながら、視聴しているほかのユーザーとテキストやウェブカメラでチャットしたり、それを録画して保存したり、ま、各社似たり寄ったりだけど、有名どころでは、

Ustream

JustinTV

BlogTV

 といったあたりですかね。アカウントを取って、ログインし、ウェブカメラのセッティングを済ませたら、いつでもストリーミング(ブロードキャストと言ってる)OKというシンプルさはどこもほぼ同じ。実にあっけない。

 そういえばボクも、初めてウェブカメラでストリーミングとやらをやってみたとき、当時2歳の孫を膝に乗せていて、不意にフランスの人から「可愛いですね。男の子?それとも女の子?」と話しかけられて(いや、書き込まれて)少なからず焦った記憶がある。まさかと思ったけれど、地球のどこかから見てる人がいるんですねぇ。

 で、ビジネスユースに用途を絞って動画をうまく使えそうなサービスはどうなのかなと。

 実は前回テーマにしたTwitterがらみで、その後もあれこれチェックしてたら、Screenjellyというアプリを知った。

Screenjelly

 ソフトのインストールなしでスクリーンキャプチャしたものを、その場でTweetできる。ほぉ~。名前に今流行の「Twit」がないのは、なぜかしら。ま、それはそれで潔いけれど。

 Twitterにログインしてさえいれば、ここでアカウント登録する必要はない。オーディオデバイスを選択して、Recordボタンをクリックすれば、即、録画スタート。音声も同時に録音される。

 録画できたらコメントを加えてちゃっちゃとTweetできる。といっても、リンクだけだけど、この手っ取り早いところがイイなぁ。ついでにメールしたり、Deliciousに登録したり、FriendFeedやFacebookなんかでも公開できる。

 もちろん、無料。ただし、3分だけ。おまけに、編集機能はないし、ページにエンベッドも今のところできないけれども、これはそういうものだと割り切って使いましょうかね。

 でも、3分って結構長いですからね。いろいろできる事あるはず。ウェブサービスの解説やサポートに使えそうだし、逆にアメリカなんかでよくやってるサイトのユーザビリティテストなんかに使ってもオモシロイかなと。これ、ボクも日本でやりたいと思ってるんですが。もちろん、そのときはDMで。 

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5