SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

間違いだらけのメールマーケティング

メルマガ作成時に陥りがちな3つの罠


 メールマーケティングの改善ノウハウをお届けするコラムの第2回。今回はメールマーケティングの中でも特にクリエイティブに着目し、通常陥りがちなポイントを改めて整理したいと思います。【バックナンバー】

はじめに

 今回はメールマーケティングの中のクリエイティブに着目し、通常陥りがちなポイントを改めて整理したいと思います。トピックは次の3つです。

  • 件名やコピーは製品名やキャンペーン名で作ればいい! のうそ
  • 全体が長いメールは読まれない! のうそ
  • HTMLメールにすれば、クリック率が上がる! のうそ

件名やコピーは製品名やキャンペーン名で作ればいい! のうそ

 皆さんはメールマガジンの件名やコピーをどのように作っていますか。一般的に件名やコピーには、訴求したいサービスやキャンペーンやイベント名を盛り込むことが多いと思います。しかし、それだけでは十分とは言えません。件名やコピーの役割は、ユーザーの心をつかみ開封やクリックをさせることです。そのための考え方を紹介します。

件名・コピー制作の考え方
  1. 誰に訴えるのかを明確に!
  2. 何を訴えるのかを明確に!
  3. 送り手の都合より、受け手のニーズを意識!
  4. 受け手のどの欲望を刺激するのかを意識! (恐怖心をあおる? 安心感を与える?)

 特に3.の「送り手の都合より、受け手のニーズ」は忘れがちなものです。

 キャンペーンの集客が思わしくないので、メールマガジン会員向けに告知メールを配信する、というのは通常のアクションです。しかしその時にも、送り手(企業)の視点ではなく、受け手(メールマガジン会員)にとってのメリット・ニーズは何かを意識して件名やコピーを制作しましょう。

 ついつい送り手の視点で考えがちな件名やコピーですが、じっくりユーザーの視点でニーズやメリットが何なのかを考え制作することが大切です。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
全体が長いメールは読まれない! のうそ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
間違いだらけのメールマーケティング連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

長沼 晃司(ナガヌマコウジ)

株式会社アルトビジョン業務推進部コンサルティンググループ グループマネジャーメールコミュニケーション戦略立案や効果検証プロジェクトといったコンサルティング案件をメーカー、金融、化粧品など幅広い業界で実施。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/09/08 13:18 https://markezine.jp/article/detail/8136

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング