MarkeZine(マーケジン)

記事種別

メールマーケティング成功のカギは効率的なオペレーション

2009/12/22 12:00

 今回は、メールマーケティングに欠かせない、正確なメール配信を行うために必要な3つのポイント「配信システムの仕様」「メール配信に関する業務フロー」「作業をする人のスキル」について説明します。【バックナンバー】

メールマーケティング成功のカギは効率的なオペレーション

 皆さんは、メール配信設定ときくとどんなことを連想しますか?

  • 絶対にミスをできない業務
  • 間違えるのが恐いので、できることなら自分は関わりたくない
  • 正直、面倒臭い(リストの抽出、他部署への依頼、テスト配信の確認など)

 などとさまざまなことを連想されるかと思います。

 これまでは、何のためにメールマーケティングを実践するのか、その目的を実現するには、どのようにメールマーケティングを考え、実践するのが効果的かを中心に考えてきましたが、今回は、メールマーケティングを実践する上で必ず発生するオペレーション業務について考えてみたいと思います。メールマーケティングで成果を挙げるのであれば、効率的で正確なオペレーションは前提条件と言えます。

 極端な例ですが、配信設定に数日の時間を要し、また、誤配信を行ってしまうようでは、メールマーケティングどころではなくなります。効果的なメールマーケティングの実現には、効率的で正確なオペレーションが必須です。

 メール配信を行うにあたり、どんなシステムを利用していても、必ず設定しなければいけないものが3つあります。

  1. 原稿
  2. 配信リスト
  3. 配信条件(配信タイミング、配信スピード、再送回数など)

 メール配信設定とは、最終的に確定した原稿と配信リストとを取り違えることなく、システムにアップロードし、メール配信条件を設定することです。

 つまり、効率的で正確なオペレーションを実現のためには、配信システムの仕様、メール配信に関する業務フロー、作業をする人のスキルの3つがポイントと言えます。

  1. 配信システムは、きちんと配信できればいい!のウソ
  2. 原稿や配信リストは配信の直前に揃っていればいい!のウソ
  3. メール配信設定は、複数の担当者で行えば大丈夫!のウソ

 【特別PDF公開中】

 著者が所属するアルトビジョンでは、メールマーケティングの最新ユーザー動向が分かる資料を公開しております。ご興味ある方はぜひダウンロードをしてください!
メールマーケティング実践における必須データ公開! 「メールマーケティング調査レポート」

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5