SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Google、ストリートビュー撮影エリア情報を公開

 撮影時には、5月に発表したとおり、カメラの高さを40cm下げた上での再撮影を開始しており、公開済みのエリアも含めすべてのエリアで再撮影を実施する。また、利用者から指摘を受けて公開を停止した画像については、再撮影した場合でも画像が公開されることはない。

 また、公開時には、人の顔やナンバープレートを自動的に認識して不鮮明処理を行う技術を開発して、ストリートビューのすべての画像に適用。歩道の歩行者の顔やナンバープレートが識別できる場合は、自動的にぼかし処理が行われる。

 Googleは、画像の不鮮明化に不足があった場合には、利用者がGoogleに連絡できるツールを提供するほか、Googleマップのストリートビューについての情報サイトに「現在撮影中のエリア」というコーナーを設け、現在撮影中の地域を都道府県を複数のブロックに分割したレベルで公開している。

【関連記事】
Google、ストリートビューのナンバープレートと表札に「ぼかし処理」を導入
Google、ローカルビジネス広告にストリートビューへのリンクを追加
Google、ストリートビュー機能を携帯でも公開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/09/08 12:30 https://markezine.jp/article/detail/8289

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング