SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

トヨタ・花王が協賛する、ミクシィのWeb小説「mixi x ドラマ」とは?

 ミクシィは、3月1日からWeb小説をベースにしたドラマ広告「mixi x ドラマ」をスタートした。動画ではなく、テキストで小説を読む形式だが、本物の俳優が演じるシーンの写真も添えられ、独特の作品世界を構築している。

 第1回の作品として公開されたのは、日本ラブストーリー大賞を受賞した原田マハの小説「普通じゃない。extraordinary.」。主人公は、女優の池脇千鶴が演じる。登場人物はmixiのアカウントを持ち、日記やフォトアルバムを更新。ユーザーは登場人物と「マイミク(マイミクシィ)」になったり、登場人物の日記を読むことで、小説では描かれないストーリーを知ることができる。

 ミクシィは、このコーナーをエンターテインメントとしてだけではなく広告媒体として展開。すでにインテリジェンス、花王、トヨタ自動車、P&Gグループの協賛が決定しているという。小説中の関連キーワードによって協賛企業の広告を掲載したり、登場人物の日記上でサービスを紹介するなどの仕掛けを提供する。第1回のドラマ制作には、ミクシィ、アイメディアドライブ、角川クロスメディアが参加。角川書店(野生時代)も制作協力としてクレジットされている。

プレスリリース:「mixi上でユーザー参加型のドラマ広告を開始」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/24 19:14 https://markezine.jp/article/detail/841

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング