SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

東洋経済、会社四季報など電子コンテンツ17タイトルを大学向けに販売

 東洋経済新報社はこれまで、企業、個人向けにデジタルコンテンツの販売を行ってきたが、今回、大学向けサービス「東洋経済デジタルコンテンツ・ライブラリー」をリリースし、2010年4月から紀伊國屋書店が販売総代理店として販売する。

 料金は大学の所属人数によって異なり、5001~10000人の場合、年間126万円(同時アクセス数7)などとなる。提供するのは、週刊東洋経済、就職四季報(総合版・女子版)、CSR企業総覧、東洋経済統計月報、会社四季報、一橋ビジネスレビュー・英文会社四季報などを含む17タイトル。

【関連記事】
ヤッパ、ドコモ携帯向けに「週刊東洋経済」を無償配信
「東洋経済」モバイルサイトが若者向けにリニューアル、就活コンテンツも
図書館市場に電子化でリーチ、紀伊國屋と凸版が電子書籍配信サービスで協業

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/11/06 12:29 https://markezine.jp/article/detail/8779

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング