SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

20代・30代のママの携帯活用法ベスト3は
レシピ検索・病院検索・お出かけスポット検索

 マクロミルは今月上旬、子供を持つ20~30代の既婚女性を対象に、携帯電話の活用状況についての調査を実施し、500名から回答を得た。携帯電話の用途として最も多いのは「メール」「通話」が9割以上、「写真を撮る」が8割以上で、「ショッピング・オークション」も7割近くの人が利用している。特に20代前半のママの「ショッピング・オークション」の利用率は約8割に及んでいる。

子育てママが携帯ショッピング・オークションで購入するもの(複数回答)
<ベース:携帯ショッピング・オークションする人(334ss)>

 子育てや家事に関して携帯電話を活用して行っていること1位は「お弁当・料理レシピを調べる」、2位は「子供のケガや病気の対処・病院の検索」、3位は「子供とのお出かけスポットを検索」。また、「育児の悩み相談」を携帯のSNSや掲示板で行っているママは、20代で3割以上に達している。

子育てや家事における携帯活用(複数回答)

 主婦ならではの携帯電話としては、「子供がいて出かけられないので、ネットショッピングを利用するようになった」「オークションで子供服の売買をする」「携帯でスーパーのチラシを見る」「残り物の食材を入力して、レシピ検索」「子どもにワンセグを見せて泣き止ませる」などがあがり、多くのママが生活のさまざまなシーンで、携帯電話を活用している様子がうかがえる。

【関連記事】
パパは家事より育児が得意?妻の6割が満足
夫に強まる“家族重視”傾向、「家族でテレビ」の団らんスタイルは9割超
子どものスポーツや習い事の費用、年収によって3倍の開き
20代に多い、食・家族・環境の意識が高い「高感度男性」 そのライフスタイルとは?
 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/11/16 12:05 https://markezine.jp/article/detail/8855

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング