SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

情報共有のための最強ツール、サイドフィードの「フレッシュリーダー」最新版リリース

 サイドフィードは、3月14日、サーバー型RSSリーダー「フレッシュリーダー Ver.2」の日本語版と英語版をリリースした。

 フレッシュリーダーは、一般のRSSリーダーと異なり、個人で取得したニュースやウェブサイトの購読情報をグループ間で共有することができる。購読できるのは、社外のサイトだけではなく、社内に分散しているブログ、掲示板なども含まれる。さらに「RSS未対応サイトの購読」や「登録したキーワードの最新記事の自動配信」など、探したい情報を効率的に集めてくれる機能を装備。意外と知られていないRSSのセキュリティの問題についてもしっかり目を光らせ、RSSフィードに含まれるHTMLコードを解析して、悪用の可能性があるコードはすべて排除してくれる。

 さらに発表された最新版では、ソーシャルブックマーク機能を搭載し、フレッシュリーダーに登録しているグループ内でブックマークやコメントの共有、注目記事のランキングなどを表示できる。また、タイムゾーンの自動設定など製品の国際化対応も実施。セキュリティもさらに強化しているという。

「フレッシュリーダー」最新版の画面。導入したら社内にどんな変化が生まれるだろうか。

 フレッシュリーダーは、サーバーあるいは個人のPCにインストールして利用する。個人ライセンスは、なんと無料。法人ライセンスは99,800円 (税込価格 104,790円)、英語版は999ドル。英語版は同社初の海外向け販売製品である。

製品ページ:「社内ブログと連携するRSSリーダー ― フレッシュリーダー」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/24 19:34 https://markezine.jp/article/detail/892

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング