MarkeZine(マーケジン)

記事種別

情報共有のための最強ツール、サイドフィードの「フレッシュリーダー」最新版リリース

2007/03/14 11:00

 サイドフィードは、3月14日、サーバー型RSSリーダー「フレッシュリーダー Ver.2」の日本語版と英語版をリリースした。

 フレッシュリーダーは、一般のRSSリーダーと異なり、個人で取得したニュースやウェブサイトの購読情報をグループ間で共有することができる。購読できるのは、社外のサイトだけではなく、社内に分散しているブログ、掲示板なども含まれる。さらに「RSS未対応サイトの購読」や「登録したキーワードの最新記事の自動配信」など、探したい情報を効率的に集めてくれる機能を装備。意外と知られていないRSSのセキュリティの問題についてもしっかり目を光らせ、RSSフィードに含まれるHTMLコードを解析して、悪用の可能性があるコードはすべて排除してくれる。

 さらに発表された最新版では、ソーシャルブックマーク機能を搭載し、フレッシュリーダーに登録しているグループ内でブックマークやコメントの共有、注目記事のランキングなどを表示できる。また、タイムゾーンの自動設定など製品の国際化対応も実施。セキュリティもさらに強化しているという。

「フレッシュリーダー」最新版の画面。導入したら社内にどんな変化が生まれるだろうか。

 フレッシュリーダーは、サーバーあるいは個人のPCにインストールして利用する。個人ライセンスは、なんと無料。法人ライセンスは99,800円 (税込価格 104,790円)、英語版は999ドル。英語版は同社初の海外向け販売製品である。

製品ページ:「社内ブログと連携するRSSリーダー ― フレッシュリーダー」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5