MarkeZine(マーケジン)

記事種別

Googleがプライバシーポリシーを変更、検索サーバーのログを「匿名化」へ

2007/03/16 10:00

 Googleを使って検索するとき、Google側はユーザーが入力した検索クエリ(キーワード)やIPアドレスなどの情報を収集している。Googleはこれらのデータをサービス運営上必要なものとして保管・活用してきたが、このほど同社のプライバシーポリシーを変更し、法律によってログデータの保管を求められないかぎり、ある一定の期間を置いてこれらのデータを「匿名化」することを、3月14日に公式ブログで発表した。

 Googleのプライバシーセンターで公開されている、Googleが収集しているデータについての解説によると、サーバーのログデータには「ユーザーのアクセスリクエスト、IPアドレス、ブラウザの種類、ブラウザの言語、リクエストの日時、およびブラウザを識別する cookie などの情報が含まれる場合がある」という。

 プライバシーポリシーの変更後もGoogleはログの保存を続けるが、18~24ヶ月経過したものについては、ログデータは匿名化、つまりそのデータが誰のデータかわからないように処理される。具体的な処理方法としては、ログデータのうち、特定のコンピュータやユーザーとの関連性が高いIPアドレスのビットを変えることによって匿名化を実現するなど、複数の方法をとるようだ。同社は、数カ月から1年の間に、新しいプライバシーポリシーをシステムに実装するとしている。

参考資料
"Taking steps to further improve our privacy practices"(Official Google Blog)
"Google Log Retention Policy FAQ   March 14, 2007"

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5