SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電車で座っているときの行動1位は「寝る」、立っているときは「車内広告を見る」

電車で座っているときは「寝る」

 ネットエイジアは12月に調査を行い、一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)在住の、週1回以上「JR山手線」「JR中央線」「東京メトロ銀座線」のいずれかの電車に乗る、20~49歳の男女1146名の携帯電話ユーザーから回答を得た。

 調査結果によると、電車内で座席に座っているときの行動として最も多かったのは「寝る・目を閉じている」68.9%で、以下「携帯でメール」「携帯でインターネット」「車内広告を見る」が続いている。車内広告を見る割合が最も高いのは40代女性(73.0%)で、最も低いのは40代男性(54.7%)。また、新聞を読む人の割合は、40代男性が22.6%なのに対し、20代女性ではわずか1.5%という結果となった。

電車で立っているときは「車内広告を見る」

 一方、電車内で立っているときの行動で最も多かったのは「車内広告を見る」の71.8%で、以下、「外の景色を見る」「携帯でメールをする」「携帯でインターネットをする」が続いている。

 携帯でメールをする割合が最も高いのは、20代女性(71.7%)、最も低いのは40代男性(47.9%)。また、雑誌を読む割合を比較すると、40代男性15.8%、20代女性1.1%、新聞を読む割合は40代男性16.3%、40代女性0%で、性別や年代で大きな違いが見られた。

40代女性の半数が「電車内広告がきっかけで購買」

 電車内広告を「電車に乗るたびに注意して見ている」と答えた人は27.9%で、「他にすることがないときは見ている」は43.5%となっている。「電車に乗るたびに注意して見ている」割合が最も高かったのは40代女性の37.1%、最も低かったのは20代女性の23.8%だった。

 電車内広告がきっかけで商品を買ったことがある人の割合は、40代女性で突出して高く50.6%。また、電車内広告の検索キーワードで検索したことがある人の割合は、20代男性が最も高く31.9%となった。しかし、電車内広告のQRコードからアクセスしたことがあると答えた人の割合は全体の8.6%にとどまっている。

【関連記事】
JR東日本とJR西日本、車内ディスプレイを使った連動企画
中吊り広告が携帯やPCに、「今日のナカツリcross」販売開始
「寝る直前まで携帯」9割、入浴中もメールを楽しむ高校生の携帯ライフ
JR渋谷駅に9種類の「どん兵衛」が食べられるアドスタンドがオープン
 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/12/18 11:45 https://markezine.jp/article/detail/9170

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング