SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

日テレ、巨人軍のテレビ中継で地上波を4試合増加
アナログ放送全試合「レターボックス化」も

   日本テレビ放送網は、2010年度の読売巨人軍主催試合を、地上波で22試合、BS日テレで56試合、CSチャンネル「日テレG+」で全72試合を放送する。

 地上波での放映数が少ないが、地上波では週末のデーゲームを積極編成する方針で、昨年より4試合増えている。また、昨年度のデーゲームの放送実績によると、個人視聴率のT層(男女13~19歳)が前年と比べて増加しているという。

 また、今年度からは野球中継のアナログ放送で全試合レターボックス化を実施し、地上波初となる「16:9」の完全フルサイズでの映像制作を行う。

【関連記事】
日テレ、巨人戦中継の非サイマル放送をスタート
石川遼、森繁、マイケルを押さえて「イチロー」がトップ【今年の活躍を後世に伝えたい人ランキング】
みんな気になるWBC中継のバックネット広告は「ヴァーチャル広告」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/01/26 12:25 https://markezine.jp/article/detail/9450

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング