SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

使いたいときに、使いたいだけ
みんなのクラウドサービス「ニフティクラウド」

 「ニフティクラウド」のコンセプト「クラウド・オンデマンド」サービスは、柔軟な運用とすばやく変化に対応できる使い勝手のよさが特長。サーバー準備にかかる時間は約5分。サービスのピークの波に合わせてリアルタイムにサーバーの構成を組み替えることができるほか、サーバー台数やメモリーの増設もオンラインで可能となっている。

無料で提供されるニフティクラウドのコントロールパネル 「ダッシュボード」画面

 料金は、月額払いの定額制と、1時間12.6円から利用できる従量制の2つ。待機サーバーとして利用する場合は、サーバー停止状態でも1時間5.25円から利用できる従量制プランもある。

 OSは、「CentOS 5.3 32bit/64bit」、「Redhat 5.x 32bit/64bit」(4月導入予定)、「WindowsServer 2008 R2 SE/EE(64bit)」(4月導入予定)の3つから選択。インターネット側データ転送量は1GBあたり15.75円の従量制。基本ディスク容量は30GBで、追加ディスクは100GB単位から有償オプションとして利用できる。このほか、有料オプションとして、固定IPサービス、プライベートLAN、ドメイン名登録、DNS管理も提供する。

【関連記事】
ビッグローブ、パーソナルクラウドサービスを無料提供
大塚商会とKDDI、中小企業向けクラウドサービスを5月スタート
マイクロソフトとHP、共同でクラウドソリューションを提供
クラウド市場、2015年には5倍の7438億円に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/01/27 13:06 https://markezine.jp/article/detail/9463

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング