SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

大日本印刷、脳科学を活用したマーケティング支援サービスを開始

  このサービスは、大日本印刷と東京農工大学の満倉靖恵准教授の研究室が共同開発したもので、生活者にヘアバンドタイプの脳波計を装着し、雑誌、カタログ、パンフレットなどの冊子を閲覧してもらい、脳波を測定する。デジタルコンテンツの調査も可能だ。

冊子の見開きページごとに貼られたマーカーをカメラで撮影し
各ページの閲覧時間のデータを取得する
対応できる冊子のページ数は200ページまで

 ページの閲覧時間を計測して、脳波の測定値データと一体化することによって各ページの興味関心度の高さと推移を分析。また、その冊子に対するアンケート調査結果と比較することで、より深い分析が可能になる。大日本印刷では、この分析結果を制作物の企画やデザイン、コピーに反映させて効果的な制作物の作成を支援する。

 基本メニューは、調査対象者が6名の場合で95万円から(対象者の選定収集・謝礼費用が不要の場合は80万円から)。6月までのトライアルキャンペーンでは、65万円から(対象者の選定収集・謝礼費が不要の場合は50万円から)となっている。

【関連記事】
GoogleとWPPがオンライン広告の研究を助成、心理学・脳科学も援用
博報堂が米バイオロジー社と提携、ニューロマーケティングを強化
大日本、ブログのクチコミを分析してフィードバックする「サンぷらっと!」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/04/12 10:50 https://markezine.jp/article/detail/10078

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング