SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Google、サイトの表示スピードを検索結果に反映

 Googleの調査によると、サイトの訪問者は反応が遅いサイトでは滞在時間が短くなる傾向があり、サイトの表示スピードを改善することで運営費を削減することができるとしている。こうした理由から、Googleは、サイトの表示スピードを検索結果の順位を決定する要素として追加し、画像、リッチメディア、JavaScript、HTML、CSSコードの表示時間を調べると発表。Google自身も配信する広告の表示速度の改善を行っている。

 しかし、これはGoogleが検索ランキングを決める200以上の要素のうちの1つでしかない。Googleは、ページの関連性ほどのウェイトはなく、影響を受けるのは、Google.comのクエリの1%よりも少ないとしている。実際、この要素が追加されたのは、2、3週間前であるため、この間順位に変動がなければ、この要素の影響は受けていないことになる。

【関連記事】
YouTube、動画データを受け取る速度を地域やISPごとに比較できる機能を公開
検索で遊ぶWiiゲーム「安藤ケンサク」、Googleの検索データを利用
「価格.com」と「食べログ」がGoogleコンテンツネットワークに参加

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング