SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第53号(2020年5月号)
特集「テレビ活用、その進化と真価」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

織田浩一の近未来マーケティングガイド

第4回 CGMネーション~爆発的に増加するCGMユーザとCGM時代到来の予感~

 日本でもブログユーザが急激に増加し、CGMの普及は進んでいる。だが、アメリカではすでに35%のネットユーザがオンライン向けに何らかのコンテンツをつくる、というデータが出ている。今回は「CGMネーション」と題して、その調査の内容を見てみたい。

ネットユーザの35%がコンテンツをネットにあげるアメリカ

 日本でも総務省が発表したようにブログユーザが6ヶ月で84%以上増えたとか、インターネットコム株式会社Girls Labが携帯電話を持っている10-15歳約1400人を対象にした調査で3割がブログを作ったことがあるといるなど、CGMの普及は進んでいる。だが、アメリカではすでに35%のネットユーザがオンライン向けに何らかのコンテンツをつくる、つまりCGMをつくるというデータが出ている。

 アメリカのNPO調査団体Pew Research Centerは、どの政党にも寄らない調査団体として高く信頼されているが、彼らが行っている長期調査プロジェクトのひとつに、インターネットが家族やコミュニティ、仕事、毎日の生活、教育、医療、市民・政治活動にどのような影響を与えるかを定期的に調査するPew Internet & American Life Projectというのがある。その中の調査のひとつ「Home Broadband Adoption 2006」にこのネットユーザの35%がコンテンツをネットに上げるデータがでてくる。

イノベーター層からアーリーアダプター層へ

 この調査は2005年暮れから2006年春に4000人のアメリカ成人を対象に行われたものだが、それによると、アメリカ成人の73%がネットユーザで、これは人口にして1億4600万人にあたり、家庭ブロードバンドユーザーは、42%(同8400万人)であるという。イーシーリサーチ株式会社によると、日本のブロードバンド利用者は総人口の39.7%、4979万人ということであるので、比率的には同じような浸透率のように感じられる。

 そして、その中でアメリカのネットユーザの35%、人口にして4800万人がブログ、自分または仕事のWebページ、ストーリー、アート・画像、ビデオなどオンライン用にコンテンツをつくっているということが示されている。面白いのが、家庭でブロードバンドを使っている人たちでは42%がCGMをつくっており、そして彼らがCGMクリエーターの73%を占める、ともちろん高いのだが、その反対側の27%がダイアルアップでもCGMを作っていることだ。  さらに、ブログやWebサイトを除いた、自分のストーリー、写真、ビデオを、ネットユーザの26%、3600万人がネットにあげている。Flickrなど写真共有サイト、YouTubeなどビデオ共有サイトが急成長しつつある背景には、ユーザ層がイノベーター層からアーリーアダプター層へ移っていることにあることが感じられる。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
増加が予想されるアメリカのCGMクリエーター

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
織田浩一の近未来マーケティングガイド連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

織田 浩一(オリタ コウイチ)

デジタルメディアストラテジーズ社代表、アドイノベーター編集長。 広告・メディアビジネスコンサルタント。米シアトルを拠点とし、欧米の新広告手法・メディアテクノロジー・IT調査・コンサルティングサービス、記事執筆、講演を行っている。最近では有力ブログをネットワークするAgile Media Networkの立ち上げに関与した。監修書に「テレビCM崩壊~マス広告の終焉と動き始めたマーケティング2....

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング