MarkeZine(マーケジン)

記事種別

第9回 メディア・エンターテイメント業界の逆襲なるか? ~USから見る2007年のメディア事情~

2006/12/27 10:00

「ネットとメディアの融合」という言葉が語られて久しいが、USではようやくその兆候が、ではじめてきたのではないだろうか。 変化の激しいネット業界、2007年は「メディア・エンターテイメント業界の台頭」がひとつキーワードとなるかもしれない。

YouTube旋風が吹き荒れた2006年

 もう、今年も終わりということで2006年をまとめ、2007年を占うような時期に入っている。2004年はブログの年、2005年は行動分析型ターゲティングの年、という風に2006年を一言でいうなら「ビデオの年」といえるだろう。

 YouTubeなどビデオ共有サイトや各種のビデオサイトの躍進があったので、これは当たり前に聞こえるかもしれないが、このオンラインビデオの普及とともにネット媒体・広告業界で変化が起きているそれは一言でいえば、「エンターテイメント業界の逆襲」とでもいえるのではないだろうか。

 2005年ぐらいまでのネット業界でトップ企業と言えば、Yahoo!、Google、MSN、AOLと言ったネット専業企業がまずは上がっていたと思う(AOLはタイムワーナーを買収したので専業と呼ぶには多少抵抗があるものの、AOLの力が強かったのでこういわせていただく)。

 しかし、20世紀FoxやFox Channelなどを傘下に抱えるNews Corporationが2005年にMySpaceを買収してから、News Corporationは一気にネット業界の一角を占めてしまったようだ。そして、オンライン視聴率調査会社ComScoreによる2006年11月の総ページビューの比較では、MySpaceがついにトップの米Yahoo!を抜かしてしまった。

月ごとの米Yahoo!と米MySpaceのトータルページビュー

 News CorporationはMySpaceの他の後にもゲームサイトのIGNやスポーツサイトScout、カラオケサイトkSoloやニュースアグリゲーター、Newrooなどを次々と買収し、ネットメディアの拡充に動いている。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5