SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Google、AdSenseの収益分配率を一部公開

 AdSense利用者の大多数が利用している「コンテンツ向けAdSense」は、ウェブサイトのコンテンツに関連した広告によってサイト運営者が収益を得る。「検索向けAdSense」は、サイトに設置したGoogle検索エンジンを利用し、ユーザーが検索すると検索結果の横に広告が表示され、収益を得ることができる。

 「コンテンツ向けAdSense」の場合、サイト運営者が受け取るのは収益の68%。「検索向けAdSense」の場合、サイト運営者が受け取るのは収益の51%。いずれもサービス開始以来、同じ分配率を維持している。Googleは、将来これらの収益分配率が変化しないとは断言できないが、現時点では変更は予定していないという。また、今後数か月のうちに、管理画面上で両プロダクトの収益分配の表示を開始する。

 Googleは、開発やメンテナンスの費用によって、また大規模なオンラインサイト運営者との個々の契約によって、プロダクトの収益分配率が異なる場合があるとしている。

【関連記事】
Googleが無料で撮影してくれる「おみせフォト」 申込みページオープン
ソニー、「Google TV」プラットフォームを採用したインターネットTVを開発
iPhoneとAndroidのモバイルアプリに広告を表示する「AdSense for Mobile Applications」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング