SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CNET Japanが4年ぶりに全面リニューアル
新広告メニューも提供

 CNETのサイトにアクセスすると、これまでと雰囲気が異なっているのに驚くだろう。白を基調に、黒と赤をアクセントにした非常にシンプルな画面。テキストの密度はリニューアル前よりもぐっと下がり、文字も大きくなっている。

 今回のリニューアルでは、PC版だけでなく、モバイルでも見やすさを重視しており、昨年12月にリリースしたiPhone/Android対応の「CNET Japan mini」も黒を基調にしたデザインに刷新。また今回、Windows Phoneにも対応し、WindowsMobile6.0 以上に最適化したβ版の提供を開始した。

 エンタープライズ向けのコンテンツを充実させたほか、米国CNETと同様に、ツイッターを使って編集部が情報を発信する「CNET Japan River Beta版」も開始している。また、新広告メニュー「クロスチャネルAD(アド)」では、チャネルを横断してキーワードにひもづいた記事に広告掲載が可能となり、「クラウド」など、指定されたキーワードに興味がある読者に、ピンポイントで広告を表示することができる。

【関連記事】
iPhoneとAndroid対応「CNET Japan」正式オープン
CNET Japan、9月から朝日新聞社が運営
YouTubeが原点回帰、動画ページをシンプルに

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング