SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

家族や子どものためのオンラインショッピング利用率1位は中国 【アジアの母親のネット利用動向調査】

家族や子どものためのオンラインショッピング

 昨年11月から今年の1月にかけて、日本、中国、インド、香港、シンガポール、マレーシア、台湾、韓国で行われた調査では、インターネットユーザーで、子供を持つ20~49歳の母親2859名から回答を得た。母親たちが商品購入の際の情報源として最もよく利用しているのは、「友人、家族、同僚など身近な人たちによって構成されたオンラインのネットワーク」。2位の「オンラインのカスタマーレビュー」も含め、インターネット上の情報源が上位を占めている。

 母親にとって、自分、家族、子供のための商品を買う際に、オンラインショッピングは欠かせない購入手段となっており、家族や子供のためのオンラインショッピングの利用率が最も高かったのは中国(87%)。次いで韓国(82%)、日本(68%)と続いている。オンラインショッピングを利用する理由として、台湾では「販売員からのプレッシャーがないから」が高く、一方インドでは「オンラインの方が価格が安いから」と回答する率が高いなど、国によっての差異も明らかになった。

日本の母親に最も影響力があるのは「ショッピングサイトの情報」

 日本の母親にとって、ショッピングサイトは商品購入のプロセスで最も影響力のある情報源となっており、子供や家族のための商品情報に関する情報源として、「友人、家族、同僚」(65%)を上回り、「ショッピングサイト」(69%)がトップとなった。

 またよく利用する情報源のトップ10のうち、半数がオンラインのツールやサイトであり、他の国々と比較しても高い傾向にある。また、オンラインショッピングの利用率(過去1年間)も68%と高く、日本の母親たちの中で、ショッピングサイトで商品の情報を調べ、購入するという購買プロセスが定着していることが明らかになった。

<子供や家族のための商品情報を得る情報源(複数回答)>
1位 ショッピングサイト(69%)
2位 友人/家族/同僚(65%)
3位 価格比較ウェブサイト(60%)
4位 検索エンジン(57%)
5位 印刷されたパンフレット/カタログ(54%)
6位 テレビ(49%)
7位 掲示情報/店内の製品ディスプレイ(47%)
8位 オンラインのカスタマーレビュー(43%)
9位 雑誌(38%)
10位 母親向け育児ウェブサイト(38%)

【関連記事】
凸版、ギャルママをターゲットにした「ママカワプロジェクト」立ち上げ
楽天、インドネシアでショッピングモール事業を展開
ヤフー、中国最大の小売業者「タオバオ」と提携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング